Red Bull Perspective – A Skateboard Film


Red Bull Media House。
またレッドブルネタかよ!と思った方、ごめんなさい。

近年アクションスポーツ映像を映画に変えたレーベル。
全てはRed Bullのプロモーションのためではあるけれど、今までのスケートボード、スノーボード、MTB、BMXなどの映像とは一線を画す映像美とその世界観には魅了されます。そしてその制作方法はまさにCM撮影か映画。
今回紹介する映像は「Red Bull Perspective – A Skateboard Film」スケートボードの16分半ショートフィルムと、そのメイキング映像です。

とにかくメイキング映像がすごい。
当たり前ですがレッドブルなだけに、本編は素晴らし映像美とスケートカルチャーを上手に見せてくれましたが、今回このブログで取り上げた理由は驚くべき撮影方法。もう完全に映画撮影。

おそらく撮影はRedbull御用達、Brain Farm Digital Cinemaが行なっていると思います。
http://brainfarmcinema.com/

公道での撮影は警察が道路を封鎖。車に撮影用クレーンを装備などなど、口をあんぐり開けて見てしまうメイキング映像。
カメラはRedシネマカメラに秒間1000コマを超えるハイスピード撮影が可能なPhantom。“レッドブル的スケートとはこれだ”とばかりに素晴らしく綺麗な映像とスーパースロー。
それでは、メイキング映像「How to film a skate movie – Red Bull Perspective」をどうぞ

これだけの映像がyoutubeでタダで見れるのだからすごい時代です。

Brain Farm Digital Cinema。憧れのプロダクション。

追記:Jun.13.2013 本編は4K映像です。HDの4倍の解像度の映像をYoutubeならオリジナルを選ぶことで4K画質の映像を見ることが可能です。是非4K見てみてください。
※ただし画質は圧縮されています。

Leave a Reply