さかのぼる スキー100周年記念


2012年1月、長野県飯山市にスキーが伝わって100年目をむかえました。
これを記念して”100周年記念イベントさかのぼる”が2012年1月23日に開催されました。100年前のこの日、。妙専寺の住職市川達譲氏が参道を下ったのが長野県で­初めてのスキー滑走でした。
歴史を遡ると、坂を上るをかけて、その参道をクロスカントリースキーで上るイベントが「さかのぼる」です。

イベントの雰囲気を味わってもらいたく映像を撮影/編集しました。撮影は全てEOS 5D MK2と7D。

雪が舞う中、飯山仏壇通りとも呼ばれる通りの一角で、妙専寺の参道の小道で行われました。ノスタルジックな雰囲気で、地元に根付いたクロスカントリースキーを履いた老若男­女、様々な格好で駆け上がるその姿は、クロスカントリースキーに新しい風を吹かせたのではないでしょうか。

本当に素敵なイベントで、企画/主催のインサイドアウトスキークラブの方には、声をかけて頂いて感謝しています。
これからの100年でスキーを中心としたウィンタースポーツの形はさらに進化していくでしょうが、スキーが伝わった100年前のその姿は変わることがありません。
100周年というこの瞬間にすばらし企画と仲間に恵まれたことを大変嬉しく思います。

Leave a Reply